司法書士試験 重要条文・判例解説これだけシリーズ

『条文』とは、全てのテキスト・問題の『元』となるものであり、最も端的にまとまっているテキストでもあります。
条文をきちんと読み込むという作業は、非常に効果的です。
また、司法書士試験は条文・判例知識をそのまま聞いてくる問題が多く出題されます。
本講義では、司法書士試験において重要な条文を最短・最速で学習するので、予習はもちろん復習としても最適です。
これにより条文・判例を効果的に学習することができ、大幅な時間短縮をします。
是非この講座を受講し、メリハリを付けて、条文を予習し、合格の手助けとしてください。

 

取扱科目は憲法と刑法を予定しております。

 

担当は伊藤塾専任講師の宇津木卓磨講師です。
※一部お試し視聴可能。
※1講座500円(税込)です。

【講師プロフィール】

宇津木 卓磨 講師

2012年度司法書士試験合格。2013年 第12回簡裁訴訟代理等能力認定考査合格。
学生時代に塾講師を4年間、大学卒業後不動産会社勤務を経た後、伊藤塾の制作・校正スタッフとして活躍。教えることで感謝される講師が天職と気づき、講師になりたい一心で司法書士試験に合格。自身が試験に合格したことが人生の転機となったことから、モットーは、『司法書士になって人生を変えてやろうぜ!』基礎の徹底とやる気、この2つがあれば試験は必ず突破できる!という信念のもと、常に基本に立ち返り、受験生のモチベーションを高める指導を実践している。
民事手続を一つの科目と捉えた合理的な体系的学習教材を研究中。自ら働きながら合格した経験を活かし、限られた時間で合格する時間
活用術を確立。時間のない受験生の負担を軽減することの指導に全力を注いでいる。 


【重要条文・判例解説これだけシリーズ 講座ラインアップ】

★はお試し視聴が可能なコンテンツです。
随時リリース予定
※内容は変更になることがございます。

これだけ 憲法 第1回 人権の享有主体・私人間効力・法の下の平等
第2回 精神的自由権(1)(内心の自由)
第3回 精神的自由権(2)(表現の自由)
第4回 経済的自由権(職業選択の自由・居住・移転の自由・財産権)
第5回 国会
第6回 内閣
第7回 裁判所
これだけ 刑法 第1回 正当防衛・緊急避難★
第2回 故意・未遂・中止犯・予備罪
第3回 共犯
第4回 窃盗罪・強盗罪
第5回 詐欺・横領・背任
第6回 盗品等に関する罪・毀棄・隠匿の罪・放火罪
第7回 文書偽造の罪・公務執行妨害・賄賂罪